読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂うままに

鼻セレブは食べ物です。

Sexy Zone―one Sexy Zone[初回盤] 全曲レビュー

久しぶりの更新です。当初は中山優馬くんの『Chapter 1』をレビューしようと思っていたのですが、Sexy Zoneの3rdアルバムの発売が決定されたので2012年発売Sexy Zone1stアルバム『one Sexy Zone』を全曲レビューしていきたいと思います。イントロダクションなしで16曲。気合いをいれてレビューしていきたいと思います。

1,完全マイウェイ
アルバムのリード曲です。今でもコンサートの煽りで利用されていますのでアルバム曲にしてはよく聴く曲だと思います。Sexy Zoneは王道アイドルソングを歌うことが多く、この曲もそうなのですが、大サビ前の歌詞がSexy Zoneは特徴的だなと思います。ただ頑張れって言うだけじゃないところがいいと思います。リード曲としては弱いですが、煽り曲としては満点の曲だと思います。それに弟組の声が凄く聴こえます。

2,Silver Moon
この曲も人気ですね。今もコンサートでよく歌われますし、『Silver Moon 空に輝く―』からの振りも特徴的ですよね。同じフレーズが何回か繰り返されますが、曲が短いのであまり気になりません。上手く、当時の佐藤くんの声質を生かしているなと思う曲ですね。AメロBメロでソロを中島くん、菊池くんにしてるところもこの曲にまとまりが出た要因だと思います。

3,Ladyダイヤモンド
キラキラ王道アイドルソングですね。『Sexy Zone』もいいですが、私はSexy Zoneと言えば『Ladyダイヤモンド』ですね。衣装も歌詞もキラキラで、勝利くんの俳句もいいですよね。弟組が声変わり前なのでキーの高い曲ですが、うまくまとめられていて、聴き疲れも少ないかと思います。デビュー曲は彼らが自分たちを軸に歌って居ましたが、今回はファンが君に自己投影できる曲であるところも、Sexy Zoneっぽい曲かなと思います。

4,IF YOU WANNA DANCE
Sexy Zoneの中でも珍しいダンスナンバーですね。今ですらダンスナンバーやクールな曲が少ない彼らなので大変珍しいと思いますが、マリウス君の高音の英語が意外と子供の声ならではのセクシーさを出してますし、菊池くんのラップもかっこよさを出せていると思います。ライブでも定番の曲ですので、会場でこの音声と比べて成長を感じてみるのもまたおもしろいと思います。こんな曲も歌えるんだなSexy Zone。そう初見の方に聴いて頂ければよいかと思います。

5,rouge
菊池風磨くんのソロナンバーですね。R&Bが好きだとおっしゃっていた菊池くん。まぁ、小綺麗にまとめたなと言う印象です。菊池くんのファンの人からしたら文句のない出来なのですが、はっきり言ってジャニーズじゃなかったら見向きもされない曲だなと思います。アイドル路線で売っているので、なかなかインパクトは強いですね。いい意味でも悪い意味でも。

6,GAME
この曲を聞く度に修二と彰の『青春アミーゴ』を思い出します。最近はあまり聞きませんが、ちょっと前まではライブで必ずと言っていい程聞いたような気がします。たまにこういう曲を歌うんですけど、ふまけん推しにしか需要がない感じがするんですけど、どうなんですかね。シンメですし、人気cpなのでしょうがないかなぁとは思うのですが、うーん。なんとも微妙ですよね。この曲。

7,君と...Milky way
綺麗な曲で好きな方も多いかと思います。ライブでは中島くんがピアノを引いていたのも印象的だったかなと思います。『A MY GIRL FRIEND』とこの曲は一番のサビは一度落として二番目からまた盛り上がりますよね。アイドルでは珍しいメロディかなと思います。この作り方によって天の川の神秘的な静けさがピアノの音で表現できていると思います。完成度も高い曲ですし声も全体的にまとまっています。

8,Sexy Zone
デビュー曲ですね。バラが印象的でしたよね。『僕らは僕らなり考えてる』だったり『時代を創ろうSexy Zone』だったり若くてまだまだ青い彼らの大人に対しての反発心を織り交ぜてあって名前のインパクトだけで嫌煙するのは勿体無い1曲だと思います。2番では弟組が頑張っていますし、可愛さもかっこよさも、彼らの一生懸命さもでてる1曲かなと思います。それに、グループ名がデビュー曲の名前って珍しいですし、特別っぽくて私は好きです。

9,Don't Stop Sexy Boyz!
ガタガタですね(笑)Jr.もまざってますし、マリウス君松島君の曲なのでしょうがないかなとは思いますが、もう少しどうにかならなかったのかな?とは思います。最近でも歌われることの多い曲ですね。ファンの目線を捨てて客観的に見るとメロディとか音作りも一昔前な感じでアルバムでよかったね。って感じです。まぁ、Jr.紹介曲とすれば豪華なもんですよ。まったく。

10,きみを離さない きみを離れない
結局何がいいたいの?って感じです。月と太陽って真逆じゃないですか。これ以上離れないってこと?うーん。わからない。これがしょりぽんわーるどか。とにかく、僕と私で未来を作っていこうって話?とにかく、佐藤くんの声がいっぱい聞けてファンは満足ソング。そんな感じです。自分でもわかってるのかあんまりコンサートでも歌われませんね。意味不明だもんね。

11,We can be one
一番好きです。好きとか愛してるとか言っている訳ではないんですけど、愛情とかそんな感情を一番感じられる。そんな曲です。切なさとか哀しみとか絶望も感じる曲なんですけど、絶望の先の希望みたいなのも見える曲で、サビの転調で上手く表現されていて落ち着いた曲だと思いました。彼らが子供でも大人でもないから歌えた曲だし、少年ならではの高音がこの曲のやり場のない気持ちのようなものを凄く出しているなと感じました。サビの前の『最後に誰かが僕の手を握った』のところは孤独だと思っていた僕を誰かが大切に思ってくれていたって歌詞ですが、この誰かが良いなと思います。君が定番ですが、ここを誰かにすることで自分の見ていなかった知らない(興味のない)誰かが自分をちゃんと見てくれていた、評価してくれていたってことを意味していて、ほんとなんか、素晴らしいなって。絶望にはおわりが来るって応援歌的な立ち位置なんだけど、私の頭の中は戦場カメラマンの撮った紛争地域で笑う子供や、銃を持った子供だったりで、世界平和とかそんな大きな希望を歌ったような気もして、そんなの歌えたのってやっぱりマリウス君みたいな天使の生まれ変わりがいたからなのかなって思います。

12,Teleportation
中島くんソロ曲。ラブホリ臭がすごくて一回し目でお腹いっぱいって感じです。もうね、なんだろう。風磨くんよりはキャラ通りだし、ファンに受けそうだし、コンサートでの勝手もよさそうだし、万能っぽいんですけどね、恋とか愛とか押し付けがましい、婚活サイトばりに恋は素晴らしいって言われてる感じです。

13,Sexy Summerに雪が降る
この曲のお陰でトンチキソンググループに成り下がったSexy Zone。ただPVのマリウス君、菊池くんは凄くかっこよかった印象があります。まぁ、夏でも冬でもクリスマスソングが歌えるってすごいですよね。まぁいい意味でも悪い意味でもSexy Zoneの活動方針を決めた曲ですが、Hey! Say! JUMPみたいに化ける可能性もあるから、がんばれ!Sexy Zone!そして勝利くん、愛してるよのイントネーションが凄い。

14,スキすぎて
みんな大好き、スキすぎて。まぁノリやすいし、可愛い曲だなと思います。スタンドマイクで歌うところもアイドルっぽくて私は好きです。甘甘ソングですけど、サウンドがもったりしてないので聞きやすいですし、振りも真似できるので盛り上がります。セリフのところもコンサートでアレンジされていたりしてCDでもよし、生でもよし。万能な1曲。甘甘ソングの割に応援団みたいなフリなんかもまた面白いかなと思います。アイドルだなーって曲。


15,今日はありがとう
Loveの押し売り感は強いですが、『花が咲くみたいにありがとうって言える』や『そんな顔をして笑っちゃだめでしょう』や『くるりダンスして青く染まっていく』とか綺麗な歌詞が多いと思いました。Sexy Zone=トンチキソングなイメージを持たれてる方も多いかと思いますが、ジャニーズの中でも詩的で美しい歌詞が多いグループでもあると思います。上手く自然だったり色だったりを歌ったり、切ない心情を声に乗せるのが上手いと思います。コンサートの終盤曲にはかわらないですが、凄く繊細で綺麗な曲だと思いました。

16,名前のない想い
苦手。リリース当時からiPodtouchに入ってますが、全く聞いてません。歌詞すら覚えてません。聞いてて凄く疲れる。Sexy Zoneの中で歌の上手い二人が自分のできる精一杯をこの1曲に封じ込めてきたなって感じです。もともと二人は声が甘い感じで、重たい印象なのでこういう曲はほんとうにただただ相性が悪い。ただただ疲れる。曲も歌を聞かせるようにしているのか、ほぼ変わりませんし、リズムを刻んでるだけなので、代わり映えが無くつまらないし、実際の曲の時間より長く感じます。ふまけんによるふまけんファンのための曲。そう思って聞けば文句はないです。

というわけで駆け足でレビューしました。良曲も何曲か混ざっているアルバムでしたね。シングルをわざわざ全て入れてくれなくてもいいかなと思いました。迷っているなら是非We can be one を聞くために買ったり、借りてほしいです。今のSexy Zoneでも定番の曲が多いので今好きになり始めた人や今度初めてコンサートに行くって方には押さえて頂きたいナンバーが沢山入っているのも特徴です。