読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂うままに

鼻セレブは食べ物です。

Kis-My-Ft2―Kis-My-Journey[通常盤] 全曲レビュー

第八回目は2014年発売、Kis-My-Ft2のKis-My-Journeyを全曲レビューしていきたいと思います。Overtureを入れても14曲。しっかりレビューしていきたいと思います。

1,"3rd" Overture
序曲ですね。今回のアルバムのテーマは旅行、journeyです。そういう意味では1曲目はアルバムの全体的な流れを1曲にまとめた様な曲になっていますね。最初はアップテンポな『Seven Journey』や『Striker』があってOvertureもワイルドです。その後に『ダイスキデス』、『FORM』とラブソングが続き、Overtureも明るい曲調になっていきます。『棚からぼたもち』、『光のシグナル』とシングルカットされた曲が続いて最後の『僕らの約束』となり、Overtureも安定感のあるゆったりとした音楽です。アルバムをうまく反映した曲になっていると思います。

2,Seven Journey
このアルバムのリード曲です。Seven Journeyというタイトルからも分かる通り、メンバーそれぞれの旅の曲です。レビューを初めてから、歌詞に注目するようになったのですが、『街を出るのは怖いけど 馴染みの仲間も好きだけど』街=ジャニーズの人がメインのドラマ、バラエティ。馴染みの仲間=ジャニーズの先輩、後輩かなぁという印象を受けました。それから『儚く舞い散る花火のように―』からはアイドルそのものだなぁと。安定感のある曲だと思います。シングルカットされていてもおかしくないぐらいの曲です。どこかデビュー曲を思い出すサウンドにもなっていると思います。

2,3.6.5
DHC『薬用アクネコントロールシリーズ』CM曲。きました、S.O.Sシリーズ。他社グループになりますが三代目 J Soul Brothers の『R.Y.U.S.E.I.』を思い出す、一文字ごとにピリオド打つスタイル。サビまでは面白くない風に仕上がってますが、玉森くんの『stay with me』からは吹く風が変わって来ますね。歌はあんまりな玉森くんですが、ワンフレーズだけに標準を合わせると、声自体がかっこいいのでいいアクセントになって曲のまとまりが一気に出てきます。まぁ、CM曲ってだけあってたまご肌曲ですね。お肌すべすべな君、ステイウィズミー!

3,Striker
Kis-My-Ft2によくある感じの曲。まぁ、良くも悪くも安牌です。でもコンサートには向いている曲だと思います。まぁ、そんなにがっつり歌ってる曲ではないのでこの曲は想像していたよりさらりと聞けます。今回のアルバムは後ろに行くに連れて重たいので最初はこのくらいのほうが良いのかもしれません。そして、この曲の時の衣装は黒い羽がファサーってなってそう。そういう衣装の藤ヶ谷さんって輝いてるよね。

4,ダイスキデス
江崎グリコ『ウォーターリング キスミントガム』CM曲。ああもう大好き。なにこれ最高。これぞ至高。北山くんってソロでもラブソングが多いと思うのですが、ソロだとかなり、温度高めな歌詞なんですよね。でもSNOW DOMEの約束とかこのダイスキデスみたいなファンタジック、メルヘンプラトニックラブ!至高だわ。『空飛ぶ猫がいるというなら 僕は信じるよ』最高かよ。『夜空にはしごをかけて 迎えに行こうか』最高かよ。なんだこの良曲。ぶっ飛びソングかと思ったら大変な胸きゅんソングでもう感謝の言葉をどう述べてよいのかわからない。とにかく北山くんの高音でメロメロ骨抜き、ハート飛ばせるわ、こわ。

5,FORM
HugiQ.Kという名の北山くん作詞作曲の曲。優しい感じの曲に仕上がっています。ありがちなメロディでありがちな歌詞なので飽きます。ほぼ全てのソロ曲が同じ雰囲気に収束していますので次はもっと冒険して欲しいなと思います。Kis-My-Ft2の中ではいろいろな世界に足を踏み入れているタイプだと思うので次回はそれを上手く反映できると良いと思います(超上から)。ダイスキデスからの流れはかなり上手く繋がっていると思います。聴き疲れは少ないです。

6,LU4E〜Last Song〜
正直、レビューする機会がなければ1回も聞かなかった曲だと思います。ごめんなさい、すごく苦手です。なんだろう、聞いてるうちに人工的な切なさで胸いっぱいになって聞き終わった感じに失恋を思い出して、このやり場のない気持ちどうしよう。となる曲。女性目線の曲で藤ヶ谷くんの歌声とかなりマッチしてますので、ファンの方や、藤ヶ谷くんの歌声が好みな方なら好きな曲だと思います。多分、私がこの曲苦手なのはこんな恋愛したことないからだ。聴く側が悪いんです。すまん。

7,Only One...
曲のせいだと思うんですけど、抑揚がほぼないですよね。何歌ってるかが歌詞を見ないと全然入ってこない。とにかく、この曲の季節はいつなの。風の香りとかは春とか秋を感じるのですが街の灯りとか夜空は冬とかを連想させますよね。でも涼しい夜も出てきたり。もう!春夏秋冬一緒にいたいって?わかったよ仕方ないなぁソングですか!?とにかく、季節感がない!(ない!ない!ない!ない!)

8,FIRE!!!
ひぃ、ここで藤北かよ。俺は東京生まれHIPHOP育ち悪そうなやつらは大体友達を彷彿とさせるDragon Ash感。この曲でファンは歓喜だけどリアルにこのPVとか作ったら藤北イケイケ美咲ナンバーワン時代の髪型とかやっちまいそうだからそろそろ棚ぼたにいきたいところだがよく聞け。来いよって誘うのはCinderella girlだぜ。純情初クラブガールを誘うなんてお前もしや、初クラブだけどそれバレるとやりづらいし慣れてる感だすかー、的なパーティーピーポーか、そうかそうか(安心)。まぁとにかく、藤北って声の癖すらシンメっぽくて最高にいいね。

9,棚からぼたもち
このアルバムの中で一番の異色。むしろもうこれがメインなのか。急にカラオケ感。でもこの曲はほんとすごいと思います。この4人の色になってますね。ほんと。歌割りもすごく計算されていると思います。でもこんなに注目されたり、4人の色に染まったのもたま!たま!たま!たま!で、結局のところ彼らはやっぱり棚からぼたもち的な脚光の浴び方なんだろうと思います。とにかく、馬の耳に念仏とか、猫に小判とかじゃないだけ良かったぜ。

11,ツバサ
Kis-My-Ft2のこういう曲好きですよ。二階堂くんや千賀くんの声がこういう曲だとかなり映えてると思うんですよね。色にすると水色とか黄色とかすごく明るい声色をしているのですごく合っていると思うんですよね。シングルカットするには物足りないけど、良い曲だと思います。それに歌詞のところどころにKis-My-Ft2を感じさせるものがあるのも魅力だと思います。個人的に好きな曲。とってもアイドルっぽい。

12,光のシグナル
ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』主題歌。マイルドなキスマイ。アイドルっぽい歌です。綺麗にまとまってます。個人的には好きですが、デビュー前からファンの方は物足りない感じです。他のシングル曲に比べてサビ以外でもユニゾン多めなのもこの小綺麗なまとまりに貢献していると思います。聞けばきくほどドラえもんが頭に浮かんでくる。ポケットにつめてって歌詞が可愛くてすきです。

13,僕らの約束
Kis-My-Ft2のこういう曲は全部一緒に聴こえる病にかかっているらしく他のこういう曲と同じに聞こえます。でもこのアルバムのタイトルであるジャーニーが歌詞に入っているだけあって、このアルバムがメインのコンサートの為だけに作ったんだろうなぁという印象。舞祭組がどんなに頑張ってもこういう曲だと玉森くん、北山くん、藤ヶ谷くんに頼り切りなのが本当に残念だと思います。

14,アゲてくぜ!
通常盤のみのボーナストラックです。こういう曲すきです。しかもこれは舞祭組のみのユニゾンがありますし、かなり得なトラックなのではないかと思います。もともと『運命Girl』や『Kis-My-Calling!』が好きな方は好きな曲だと思います。楽しく、歌割りも満足な仕上がりなので、この曲の為だけに通常盤を購入もしくはレンタルしても損はないと思います。

という訳で、Kis-My-Journeyをレビューしてきましたが、アルバム名がjourneyなだけあって様々なジャンルの曲があってかなりアルバム名に忠実だと感じました。このアルバムからは舞祭組の曲が入ったこともあって、メンバーの一人一人の持っているカラーがぼんやりですが見えるアルバムにもなっていると思います。キャッチーな曲が最後の方に連続してあるので勧めやすいアルバムでもあると思います。

次は関西のフレッシュなアルバムです。